私たちは、厳密な品質検査により、製品の安全性・品質向上に努めています

確かな品質管理

当社は安心・安全を第一に、常にお客様にご満足いただける製品をお届けするために、確かな品質を守り続けています。

異物混入防止のため、二次更衣の着用、入室時の細かな規定やエアシャワー、防虫モニタリング、定期的な教育訓練など、衛生管理に徹底して取り組んでいます。

品質検査

製品製造時の品質確認

当社では確かな品質を保つため、製造部門と独立した品質管理部門により、厳格な品質管理がおこなわれています。
原料の受け入れ試験・中間製品試験・出荷前試験を実施し、原料~製造工程~製品の全ての段階での品質を確認します。

様々な品質試験の実施
試験室では、大腸菌群試験、一般生菌数、真菌数、性状試験、乾燥減量、pH、糖度測定、錠剤硬度測定、錠剤崩壊試験、各種定量試験等、様々な試験をおこなっています。
製品化前における品質確認
製品化する前の試作段階において、加速試験(※)を実施し、ひんしつの安定性を推測しています。
(※)加速試験:製品を恒温恒湿機内の過酷な条件下に置き、意図的に劣化を進めて製品寿命を検証する試験です。
製品出荷後における品質確認
製品出荷後においても、製品についての加速試験および長期安定性試験(※)を実施し、品質の安定性を確認しています。
(※)長期安定性試験:通常の環境下で製品品質の経時的変化を明らかにし、賞味期限を設定あるいは賞味期限内での品質の安定性を確認するために実施する保存試験です。